月の女神について考える。 - スポンサー広告絵
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月の女神について考える。

今更ですが、月の女神シリーズについて総括でもしてみようかと。
まあ案外長くかかっちゃったし、振り返る意味で。

298d41bd0921aee65a7e93ecb8c965123da00a88.jpg

ポストカードのカバーより。
ちゃんとモンタージュつくりたいなあ。

イギリスにタロットはじめとしたさまざまなカードの絵師のciro marchett(キーロ・マーケッティ)さんという方がいて、そりゃあモンタージュがうまいんですわ。
彼は私の指標でもある。
公式サイト

いきなり話がそれましたが、月の女神シリーズも実に3年かかってやっとこ完了しました。
アルテミスが2016年の4月だったのでびっくりです。一体何をやっているんだ。仕上がってみればそんなに大した書き込みでもないのに…

版権ばかり描いていたのですが、2010年あたりからちゃんとオリジナルを描くようになって、大体1年に1連作、と決めておりました。
なので、この亀ペースは自分的に許せない。
まあでも仕方だかったんだ、と思うことにします…。

2010…誕生石12枚
2011…メジャーアルカナ22枚
2012…干支石12枚+石絵24枚
2013…アリアドネタロット78枚(3日で1枚ペースでした。このころ超がんばってた)
2014…いったん修行に入る。模写をひたすら。
2015…マラカイトやデザートローズなど、また石絵にもどる。
    孔雀石と孔雀の羽根でピアスつくりたくてハンドメイド始める
2016…んでやっとこ月の女神になります。模写も合間合間に続けてやってます。

ルナフラシリーズは当初は2015年の流れでそのまま「ラブラドライト」の絵を描こうと思ったんです。
でもラブラドさんって、高いのは超綺麗なんだけど、やっぱそれなりのグレードのものはただのねずみというか翻訳こんにゃくというか…
で、その頃はもう「絵を描く時はイラストピアスを想定してつくろう」という話になっていたので(どこで?)、石自体があまり綺麗でないと作る気もあまり起こらなく、絵は構想は固まっていたんですが、どうにも進まなくなっておりました。
でもラブラドさんの綺麗な画像を見ては高いなあとため息をつく毎日。ああ…

そんな中、画像検索でルナフラッシュに出会います。

51add57f11cc1c70a7a92e59d10874063ead8724.jpg

「ラブラドライトと同じようなシラー」で引っかかったのでしょう。
人工石?そう思ったけど、でも綺麗じゃん!とりあえず買ってみよう、と思い取り寄せる。
おお、本当だ、ガラスだけど綺麗だし、お手頃だし、これならお客さんに提供できる!

それと同時期に、当時都内の羽根屋をひたすら練り歩いていたのですが、そんな時に出会ったのが、この孔雀の羽根でした。

C27g44QUkAAmJOI.jpg

一見黒いけど、すっごい綺麗なブルーグリーン!
え、これって天然なの?孔雀の羽根なの??

でも値段をみて驚愕する。
なんでも、目玉の方は結構とれるけど、こちらは本当に希少なものなので、それなりにする、と。
ん~でもこれ、ルナフラ(その時黒しか知らなかった)とめっちゃ合うし、この美しい羽根を一人でも多くの方に届けたい!と思い切って購入。

そんなわけで、この色をイメージしてヘカテ様が生まれたのです。
なので、本当はルナフラブラックに出会い、孔雀の羽根に出会い、そしてヘカテが生まれ初めてこのシリーズを描くことになった、といえます。
自分的にはとてもミラクルなことでした。
シンクロするってこういう事かなと。

db0f3d9b5583ae30d232c6b571734b5e5acbbf27_201812251616567ed.jpg
img2.jpg

ハンドメイド始めるにあたり「2000円以上にはしたくない」という想いがあったんですが、こちら、やっぱり素材を考えるとどうしてもかかってしまう。

友人に
「安くしたいという気持ちはとても良いことだと思う。だけど、譲れないものは絶対に安売りしちゃダメ」
と教えられました。
プチプラと、こだわりのあるもの、それをうまくバランスをとることが大事、と。

そうか、そうだよな、と思い(自分的には)かなり強気なお値段なのですが、なんというか、おかげさまでぼちぼち嫁に行ってくれています。通販もイベントも。

余談ですが、こちらの羽根、それでもできる限り多くの方に届けたい!少しでも手に取りやすく、と考えて「孔雀の見る夢」もご用意しました。こちらもぼちぼち。

0096abc1d2a870f9135c3c428490e9f54165e9e1.jpg


で、最初は白と黒しか知らなかったので、対になるように、とアルテミスとヘカテを描き、それで終わるはずでした。

でも調べたら12色あるじゃん!という訳で、こうなると私は止まらない。
結局12色買い占めました(おいおい)

んで出来上がったのがこのブレスレットです。

98696803c5d5da8bf181e6f976b88d25d041fb27_20181225161850d22.jpg

絵は時間かかるけど、先になんとか合わせたい、と。
おかげさまで通販もイベントもぼちぼち嫁に行けてます。(そればっか)
ドレミちゃんの魔法玉!
実はイベント限定のブレスウォッチもあります。

まあそっからはいろいろあって、思うように描けなくておせおせだったのですが、10月、なんとか月読ちゃんが生まれてくれたので、「ああみんな、無事に生まれてくれてありがとう」という感情でいっぱいでした。

最初に言ってたモンタージュ的なものも作りたかったんですが、どこまで行ってもタイムアウトです。とほ。

内訳すると
2016…アルテミス、ヘカテ、ディアナ、セレネ
2017…イシス
2018…あとの7人

2017年…一体なにをやっていたのだろう…誰か教えて…

実はポストカードではヘカテが一番人気なんです。自分でもわからないけど。
なので、そういうのって自然と伝わるものなんでしょうか。

あ、でもみな大好きです!
でも先日のイベントでは月読さんがダントツで…
始まりと終わりを象徴しているかのようでした。

まだまだ粗削りですが、とりあえずは月の女神はこれで完了。

そして、前のブログでも描きましたが「月の女神の収穫祭」は、またいつか絶対やりたいので、その時まで彼女たちには月から私たちを見守っていてもらいましょう^^

今回は長くなりました;;
読んでくださり有難うございました^^

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。